建築鉄骨ができるまで

鉄骨製作ガイダンス

  • 製作工程・検査フロー
    • 工作図
      • 鉄骨部材を工場で製作するための図面
      • 構造体以外の部材は、設計者・施工者・関連業者・鉄骨製作会社と相互確認
    • 現寸
      • 「定規」「型板」「切板発注書」などの資料を作成する
    • 一次加工
      • 組み立てる前に材料を「罫書き」「切断」「開先」「孔あけ」といった加工を施す工程
    • 組立
    • 溶接
      • 半自動溶接(ガスシールドアーク溶接)
      • サブマージアーク溶接
      • エレクトロスラグ溶接
      • ロボット溶接
    • 矯正・仕上げ
    • 塗装
    • 発送
  • ロール材
  • 市中材
  • 検査
    • 外観検査
    • 寸法検査
    • 超音波探傷検査

工作図・現寸

  • 工作図
    • 意匠図・構造図・特記仕様書などを基に作成 鉄骨部材を工場で製作するための図面
    • 一般図におけるチェック項目
      • 通り芯と柱芯の関係
      • 継手の位置
      • 小梁の位置
    • 基準図におけるチェック項目
      • 溶接部開先形状
      • スカラップ・エンドタブの有無
      • 継手部のボルト径
      • プレート厚
      • 仮設金物の配置・形状
    • 詳細図におけるチェック項目
      • 構造体の仕様
      • 仮設金物の取付位置
    • 作図前のチェック項目
      • 注文書
      • 契約内容
      • 契約時の設計図書
    • 各種疑問点・問題点について、質疑書で照会する
    • 線の種類・用途、鋼材の形状・材質の表現方法、部材記号などをよく理解して作成する
    • 詳細図作成の際の留意点
      • 溶接が可能か
      • 超音波検査が可能か
      • 運搬できるか…など
  • 現寸工程
    • 定規・型板・切板発注書などを作成する

一次加工

  • 機械切断の種類
    • バンドソー(帯鋸盤)
    • 丸鋸盤
    • NC条鋼加工機(ビームワーカー)
    • シャーリング(せん断)
  • ガス切断の種類
    • アセチレンガス
    • プロパンガス
    • 混合水素ガス
  • 鋼板の切断法
    • ガス切断
    • プラズマ切断
    • レーザー切断
    • シャーリング
  • 各切断法に適用する鋼板の板厚の目安
    • ガス切断 → 4.5〜100mm
    • プラズマ切断 → 4.5〜40mm
    • レーザー切断 → 0.5〜19mm
    • シャーリング → 13mm以下
  • 孔あけの種類
    • 高力ボルト孔
    • 普通ボルト孔
    • アンカーボルト孔
    • 設備貫通孔・鉄筋孔
  • 高力ボルト孔の直径(ボルト径27mm未満の場合) → 「軸径+2.0mm」

組立

溶接

矯正・仕上げ

検査

塗装・発送