【BR vol.94】新しいことを始める勇気

こんにちは ウシキ です

サイトを一新しました

比較的新しいことが好きということもありますが、

常に意識していないと従来の方法の慣れてしまって、

気づかないうちに考え方ややり方が古くなっていたりします

チーズはどこへ消えた?

本日はそんなことに気付かされるスペンサー・ジョンソンの『チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS)』をご紹介します

非常に売れた気がしますが、

結構イメージしていた内容と違って新たな発見がたくさんありました

下記画像クリックでAmazonにとびます

いくつか気になった点をご紹介させていただきます

まだ新しいチーズがみつかっていなくてもそのチーズを楽しんでいる自分を想像すればそれが実現する

チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS)

◉(ワクワクするような)目標を明確にイメージする

⇒何においても有効な手段 応用させる

こんにちは U-style ですエリヤフ・ゴールドラット博士のTOC理論をまとめた『ザ・ゴール』以前マンガ版をご紹介させていただきましたが、今回は原書の内容をご…
ustyleblog.com

古いチーズに早く見切りをつければそれだけ早く新しいチーズがみつかる

チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS)

◉捨てる

⇒意識して捨てる 慣れているやり方をやめる

従来どおりの考え方をしていては新しいチーズはみつからない

チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS)

◉考え方を変える

⇒思い込みを疑う

こんにちは U-style です今年逝去されました外山滋比古博士のロングセラー『思考の整理学 (ちくま文庫)』をご紹介します東大生、京大生にも読まれる本として広…
ustyleblog.com

じゃあ今の自分はどうか

そんなに長くない物語ですが、だからこそ転用させて自分自身に当てはめるとどうか?と

考えさせられる内容です

新しいことを始めたいけどなかなか一歩が踏み出せない方に

ぜひオススメします!

下記画像クリックでAmazonにとびます

最近読んでよかった本

1位『現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

こんにちは ウシキ です本日は今年の大河にも取り上げられます渋沢栄一翁の『現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)』をご紹介します私淑する経営者からは大体名前のあが…
ustyleblog.com

2位『修身教授録 (致知選書)

こんにちは U-style です1年間私の拙いブログを読んでいただき誠にありがとうございました1年のまとめとして座右の書、森信三先生の『修身教授録 (致知選書)…
ustyleblog.com

3位『マネジメントへの挑戦 復刻版

4位『新版 問題解決プロフェッショナル

5位『今すぐできる建設業の工期短縮

こんにちは U-style です本日ご紹介する一冊は『今すぐできる建設業の工期短縮』ですプロジェクトマネジメントを考える上で大切な工程管理についてもっと追求する…
ustyleblog.com

6位『ザ・ゴール

こんにちは U-style ですエリヤフ・ゴールドラット博士のTOC理論をまとめた『ザ・ゴール』以前マンガ版をご紹介させていただきましたが、今回は原書の内容をご…
ustyleblog.com

7位『その仕事のやり方だと、予算と時間がいくらあっても足りませんよ。

こんにちは ウシキ です本日ご紹介するのは降籏さんの『その仕事のやり方だと、予算と時間がいくらあっても足りませんよ。』というタイトルも表紙もストレートな一冊です…
ustyleblog.com

8位『人事屋が書いた経理の本

こんにちは U-style です本日ご紹介する一冊は先日ご紹介した『なるほど、そうか! 儲かる経営の方程式 MQ会計×TOCで会社が劇的に変わる』の監修を務めた…
ustyleblog.com

9位『最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント

こんにちは U-style です色々と学んでいく中でたどり着いたの岸良さんの『最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント』をご紹介しますこれはめちゃくち…
ustyleblog.com

10位『トヨタ生産方式

こんにちは U-style です何回も何回も読み直しております、大野耐一さんによる名著『トヨタ生産方式』をご紹介します「かんばん」は「ジャスト・イン・タイム」を…
ustyleblog.com
ウシキ
ウシキ

たまに使用させていただいておりますシェアオフィスがガラ空きで
受付のお兄さんと話していて「やはり値段が高いんじゃないでしょうか?」
と言ったら、「そうなんですよー!先日もYahoo!ニュースに取り上げられたんですけど、
コメント欄が『高すぎる!!』って大荒れしちゃって…」って…
お兄さんがんばれー!

ありがとうございます